So-net無料ブログ作成
検索選択

ミルクラム [おいしかったもの]

白糠には大きな羊の牧場が2つあります。

「茶路めん羊牧場」と「羊まるごと研究所」、どちらも質の高いお肉を生産する牧場で、北海道サミットで使われたラム肉は「羊まるごと研究所」のものでした。

羊は2~3月に生まれるので、いまはちょうど月齢2,3ヶ月。この時期のまだ離乳していない仔羊のp肉を「ミルクラム」といい、限られた時期にしか食べられない、とても貴重なものとされています。

そんなに小さな羊を?と思う気持ちもありますが、もともと食肉として育てた羊だからこそ、その恵みに感謝して美味しくいただかなければいけないのだそうです。

知人から、「ミルクラムをいかがですか?」と誘いを受け、釧路にあるフレンチレストランでいただくことにしました。今回食べたのは「茶路めん羊牧場」のものです。

DSCF0252.jpg

 

 

毎年、美味しく食べるための調理法を工夫しているシェフですが、今回は味付けを全くせずに、じっくりとローストしたというミルクラム

 

 

 

 

DSCF0254.jpg

 

シンプルにサクラ塩だけでいただきました。

 

これが、本当に食べたことない味です。

他にたとえようがない味とやわらかさ。

ラムへの認識が全く変わりました。

 

このお肉は大きな都市に出るととても高価になるそうですが、今回は地元価格でいただけました。(ちなみに札幌のレストランでは10,000円)

デザートは同じ牧場で絞った羊のアイスクリーム

DSCF0257.jpg

 

あっさりしていておいしいです。

羊というとチーズのイメージがあるので臭みがあるかと思いましたが、ぜんぜん違いました。

羊のミルクはほとんど絞れないそうなので、これもすごく貴重なものだそうです。

 

 

この日は平日だったので、釧路からの最終のJRで白糠に戻りましたが・・・。

DSCF0260.jpg

 

 

車両・・・が、1両です。

 

昼間も1両です。

 

 

白糠町の人口は1万人を切っています。日本で初めて廃止となったローカル線は白糠町内を縦断していた旧白糠線でした。

こんなに小さな町だけど、いいところがいっぱいです。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

リュカ

すっごい興味あります。
ミルクラム。
でも札幌だと、めんたま飛び出る価格ですね!!
羊のアイス・・・これまた初めて!!
やっぱり違う土地に行くと、今までと違うモノが食べられるって
実感です。
by リュカ (2011-06-08 07:23) 

Gab

リュカさん♪
ほんとにこれは食べたことのない味だと思います。
ラムチョップのやわらかくて美味しいところだけを凝縮した感じ?
でも臭いがまったくない。
伝わるかな?
いつか食べてみてほしい一品です(^。^)
by Gab (2011-06-08 20:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。